読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイエンティストとマーケターのはざま

Pythonとか広告とかデータ分析とかとか


IPython notebookからRDSのテーブルを作成する

FX IPython Notebook Python サーバ

前回はEC2からRDSにコネクションを作成しました。 

EC2上のIPython notebookからRDSに接続する - メモ代わりにブログ

今回は Tableを作成してみましょう。

 

コネクションは前回に作成済みとします。

次に、カーソルを作成します。カーソルとはクエリの結果集合を一時的に蓄えておくための仮想的な作業領域のことです。

In [6]: cur = conn.cursor()

Tableをcreateします。execute() メソッドを呼んで SQL コマンドを実行します。

テーブルのデータ構成は通貨ペアごとにしてみました。

時間足の日時(datetime)をPrimary Keyにしてあります。その他始値(open)、高値(high)、安値(low)、終値(close)はdouble型にしておきました。

In [7]: cur.execute("CREATE TABLE usdjpy(datetime timestamp PRIMARY KEY, open double precision, high double precision, low double precision, close double precision);")

commitしてcloseします。commitしないとデータが書き込まれないので注意しましょう。

In [8]: conn.commit()

In [9]: cur.close()

In [10]: conn.close() 

テーブル作成は以上です。

 

参考URL

PsycopgでPythonからPostgreSQL 9.3.2に接続する - Symfoware

[SQL] 12. カーソル 2 | TECHSCORE(テックスコア)

11.13. sqlite3 — SQLite データベースに対する DB-API 2.0 インタフェース — Python 2.6ja2 documentation