丸の内で働く外資コンサルタントのブログ

デジタル/アナリティクスが専門です


自己紹介

2018年、あけましておめでとうございます。
ミーハー心で入社したコンサルティングファームの実情や業務風景を、自身の振り返りとコンサルタントを目指す意識の高いビジネスマンに向けて書き綴っていきたいと思います。

ここまでのキャリア

  • 4年ほど前にMARCH大学院で経済学の修士を取得し卒業。
  • 新卒でIT系スタートアップにSEとして就職するも、倒産の危機に瀕し1年ちょっとで退職。
  • 同業のメガベンチャー企業にデータサイエンティストとして転職し2年ほど働くも、年収アップとキャリアに箔を付けたいと魔が差し、またしても転職。
  • Big4の非戦略コンサルタント(主にデータ絡みのお仕事)に転職←イマココ

マーチ卒にしては我ながら頑張ってるなーって思ってまして、マーチで就職タイヘンだなーって思ってる人がいても前向きに頑張ってください^^
とはいえ最近は売り手市場ゆえ、やりたいことが叶う状況の人も多いのかな。

自分の強みとか特徴

  • アドテクやデジタルマーケティングに関わってきたので、そのへんのドメイン知識があります。
  • スキルセットだと、SEやデータサイエンティストの実務をこなしてきたため、データ分析、BIツール、予測モデル、データベース、サーバーサイドetc...ってところでしょうか。
  • 立ち上げフェーズの組織や成長段階のマーケットにコミットしたがります。
  • コンサルは未経験です。

今後のキャリア

社会人経験4年で2回も転職しているので、マネージャー目指して今のファームに少なくとも5年は居座ろうかなと思ってます。
オリンピック後の景気の冷え込みによる解雇なども懸念はしていますが、デジタルトランスフォームやデータアナリティクスはまだまだ市場に勢いがあるので、その領域においてキャッチアップをちゃんとしていける人材になっていれば乗り越えられるかなと見ています。
コンサル卒業後は大きく2つ。
小さくてもいいので会社役員になって時間とお金の自由を手に入れること。
Ph.D取得して後進の育成と政府のなんちゃら委員にアサインされて、国家規模のsomethingに影響を与えること。
なので今のうちから事業のシードは撒いておかなきゃな、と。