丸の内で働く外資コンサルタントのブログ

デジタル/アナリティクスが専門です


入社後初プロジェクト

コンサルに入社して約三ヶ月、長かった初プロジェクトが終わったので振り返ってみたいと思います。

アサインされたのが炎上プロジェクトだった

クライアントは飲料系で、社内でもフラグが立っている炎上プロジェクトでした。この手の案件は人の出入りが激しく、というより評判が悪いので新しい人が入ってこず、減っていく、もしくはチームにサブコンの人が多いです。
原因はもともと海外のチーム、しかも戦略部隊がシステムのアーキテクチャを決めたため、仕様がイマイチ、加えてジョブのディレクター(パートナーの次に偉い人)がサイコパス。噂に聞くプロジェクトを体験できました。

といいつつも実際は、私がアサインされたタイミングでPMOも変わったため、プロジェクトが建て直され、ジョブの環境もホワイトになりつつありました。
だいたい9時半に出社して、19時台には帰宅していました。日付またいで帰宅ってことはいまだに経験してないです。イメージしているコンサルと違いすぎて逆にヤバいね。

アサインからジョインまで

今回のプロジェクトへのアサインは、「明日からどこxx行って」と所属チームのディレクターから電話で指示され、SQLできれば大丈夫だからーみたいなノリで全く詳細聞かされず、当日とりあえず朝出向いてピックアップしてもらいました。ジョブの目的とか、もっと具体的な話欲しいね、、
現場入ってからはシニアコンサルの方の指示のもとタスクを進める感じでした。その方は他ファームから最近入った方でしたが、仕事の振り方とか進め方がやはりこなれてて、なかなか印象的でした。
また同じジョブにその方と同じファームから転職してきた方がおり、前職でも上司/部下だったらしく、わりとそうゆうキャリアの積み方がよくあるんだなーと目の当たりにしました。
基本作業はクライアント先の会議室もしくはフリースペース。大量に人が投入されていた案件だったので狭い、、 あまりに場所がないため、自社オフィスで作業していましたが、やはり自社オフィスは快適(wifiとかフリードリンクがあるとか椅子が良い!)でした!
そうゆう進め方だったので、クライアントと接する機会はまったくありませんでした。ディレクターもあまり接することはなく、もっぱらシニアのかたから仕事が降ってきて、時折又聞きメールが飛んできたり、茶々入れられたりするくらいですね。
思ったのは、ディレクタークラスと仕事を進めるとスケジュールとか断れないので、それをうまく調整してくれるミドルマネジメント層がいないとチームが疲弊しますね。

次のジョブまで

まずは振り返りとして、PMOもしくはチームリーダーだった方からジョブのフィードバックを受けることになります。ここでの評価がボーナスや昇進に影響します。炎上プロジェクトは耐え切れさえすれば評価が甘いと聞いているので、ちょっと期待したいかも。とはいえ、また戻ってきて欲しいとお声かけいただいているので、悪い評価はないと思うのですが。

次のジョブも気にかかります。コンサルタントはジョブに入っていない間は社内ニート、通称アベってる状態となります。ジョブが終わって次のジョブ開始まで間が開く場合があり、ここで少しでも稼働状況をよく見せるため、有給取ることが多いです。
コンサルの付与される有給日数は初年度でも20日近くあります。加えてリフレッシュ休暇等もあり、プロジェクト中破がっつり働き、プロジェクト終わって長期間まったりする、という働き方になります。
なので、僕もここで1週間ぐらい有給とってのんびり旅行でも行こうかと思っていたのですが、ありがたいことに昨今仕事がいっぱいあるらしく、即ジョブ開始なのでそんな余裕はなさそうです。

来週から、また心機一転頑張ります。